赤坂も東京ミッドタウンさまさま?

ソフトバンクモバイル(港区東新橋1)は5月7日、東京ミッドタウン(赤坂9)の広告ジャックを開始した。
 施設エントランスにあたる「ビッグキャノピー」には巨大な懸垂幕が掲げられ、地下通路の壁面にも巨大広告を展開。広告ジャックは「ソフトバンク博」と称し、「速いほうがカッコイイ。」をテーマに同社のサービスを訴求する広告をミッドタウン内の様々な場所に展開する。一般企業では同施設のジャックは初という。
 期間中、ミッドタウン地下1階「ガレリアアトリウム」には携帯電話の試用ブースを展開し、TVCMに出演する「予想GUY」や「ホワイト選手」による抽選会を開催するほか、夜には音楽ライブを開催も予定する。5月18日まで。【六本木経済新聞より】


東京ミッドタウンの戦略


ソフトバンクのみならず、やはり話題のスポットで注目を集める手法は時代が変わっても同じです。インターネットではヤフーのような力のあるサイトのトップページにニュースがくると圧倒的なアクセスが稼げます。現在の東京ミッドタウンも人が大量に集まっていますので、同じ効果が出るというわけです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。